お知らせ
安眠をしている女性

現代人のかなりの割合の人が多かれ少なかれ悩まされているのが睡眠の問題です。
毎日快適に眠れるという人が大勢いる一方で、なかなか寝付けなかったり、寝付いたと思ったらすぐに目が覚めてしまったり、よく寝たはずなのに身体が重くて休めた気がしなかったりと睡眠に際して様々な問題を抱えている人も多数いるという状況があります。
社会的要求の大きい現代社会では不安やプレッシャーを感じながら生活しなければならない場面が多々あり、その影響を受けて睡眠障害を被ってしまうことがあるのです。

睡眠障害に悩む人たちに夜間の安息を与えることができる薬が睡眠薬であり、その需要の高さから古くから数多くの睡眠薬が開発されてきました。
現在最も頻繁に用いられている睡眠薬はベンゾジアゼピン系睡眠薬と呼ばれるものです。
ベンゾジアゼピン系の薬は脳に存在するGABA受容体に作用することによって睡眠をもたらします。
GABA受容体は脳神経系におけるシナプスにおいて塩化物イオンを透過させる役割を果たすタンパク質であり、活性化を受けることによって塩化物イオンを透過させ、神経伝達を抑制する方向に働きます。
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はこのGABA受容体を活性化することによって脳の活動を抑制することにより意識を低下させて睡眠をもたらしています。
ベンゾジアゼピン系睡眠薬と同じ作用点をもちながらその副作用を軽減した非ベンゾジアゼピン系も用いられるようになってきています。

一方、人のもつ体内リズムを調節することにより正常な睡眠を取り戻すことを意図した睡眠薬も登場してきました。
日内リズムの調節において主要な役割を果たすメラトニン受容体に作用することで覚醒と睡眠のリズムを正常化するというものであり、自然な睡眠をもたらせるものとして期待されています。